スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCOM光っていう業者のセールスが来た話

夕方にインターホンが鳴った。
基本的にセールスは無視するのだがカメラの映像に映った人物の制服がぱっと見、宅配便制服に見えたので応答した。
すると

「マンションの管理をしているものですがインターネットの設備が変更になりますのでご説明にあがりました。
オートロックだけ解除していただけますか?」

という。
「マンションの管理」という言葉を信じて開けてしまった。
結論から言うと「インターネット回線の押し売り業者」だった。


その男は部屋の前まで来るとまずは名札のようなものをみせた。
何と書いてあるのかは一瞬なので見えなかったが、さも慣れた手つき。
そしてこういう説明をした。


「こちらのマンションの担当をさせて頂いております。
この度、こちらのマンションのインターネット設備が変わることになりまして、後日、立会だけお願いできますか?」


この説明から
「このマンション全体でインターネット回線の設備に変更があり、マンションの管理をしているこの業者が全世帯を回って変更後の動作確認をしているのだな」
と思った。
その男はこう続けた、


「今インターネットのプロバイダはどこを使っていますか?ルーターは何色ですか?」


それに答えると


「なるほど。では今後料金が安くなりますね。こちらのパンフレットのこの値段になります。
では後日お立ち会い頂きたいのですが平日と休日どちらが都合よろしいですか?」


ここでおかしいと思った。
そもそもインターネットの回線契約は個人で行っている。マンション全体で1つのプロバイダに入るということではない。
では、なぜ料金の話がでてくるのか。


「ではこちらの用紙にお名前と電話番号と生年月日を書いてください。」


これもおかしい。
マンションの管理会社ならば名前を聞いてくる必要はないはず。
とりあえずこの先の展開を知りたく、用紙に情報を記入した(用紙はあとで回収した)。
そんななか男は


「○○○には長いんですか?」


とマンション名を出して、さも自分の会社が管理している様子を演出した。
これは悪質だ。


「ではここまででわからない部分はありませんか?」


と言ってきたので、
「マンションの設備が変わるというのはどういうことですか?」
と聞くと、絵を書いて説明しだした。ほんとにそれっぽくふるまう。
さらに「インターネット回線いらないんですがそれでも立ち会わなければいけないんですか?」と聞くと


「いや、でも非常にお安くなるので。もし無線が必要でしたら無料でご用意できます。」


と言ってきた。
もうめんどくさいので記入した用紙を返してもらい帰ってもらった。


「任意」であることを全く説明せず、その他の部分を丁寧に説明する。
身分も偽っている。(が、そこを指摘すると「名乗った」というのだと思う)
こういう売り方は良くない。
サービス内容は見ていないが料金は安かったぽいので、もしそこに強みがあるのにも関わらず末端がこの営業方法をとっているのであれば面汚しだろう。
もし会社全体がそういう営業スタイルなのであればほぼ詐欺業者と言ってもいい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。