スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりの片付けルール

■ものを捨てる際の決断定義
生活の中で「これはこの先使うかもしれない」というものをどこにしまうか悩むことがある。
自分の場合「使うかもしれないものは捨てる」ことにしている。
使うかもしれないのに捨てるのはナンセンスと思うかもしれないが、自分は以下のように考えている。


お金に換算する
例えば1枚欲しくて100円ショップで買った封筒の余り29枚。
これは「いつか使うかもしれない」。
仮にそのいつかが1年後とする。
1年間、その封筒を保管しておくスペースの料金はどれくらいだろう?
住んでいる場所にも寄るが、恐らく年間100円以上の場所代をとっていると思う。
だったら思い切って捨ててしまって次にまた買ったほうがいい。

捨てるのはもったいないから買わない、もらわない
友達にもらったペンは書けなくなってもとっておくくらい基本的にものを大事にする質なので、使えるものを捨てるのは抵抗がある。だからこそ「いつか使うかもしれないものは捨てる」ルールをしっかりと意識して、なるべく買わない、もらわないようにする。



■部屋だけじゃない。PC、スマホもスッキリさせる
他人のPCの画面を見る機会はあまりないので皆さんどんな感じなのかわからないが、たまにデスクトップがアイコンだらけの画面を見ると直感的に「仕事できなそう」と思ってしまう。
部屋も机上もそうだけど、ある程度散らかっている方が行動しやすい、ということもあるっちゃあると思う。
でも自分は部屋もPCのデスクトップも、スッキリしていたほうがやる気が出てくるので極力片付けるようにしている。
下図はPCのデスクトップ。
screenshot_desctop.png

アイコンは仕事で使うファイルを入れてある「project」と「ゴミ箱」の2つだけ置いている。
どちらのアイコンも透明のアイコンに差し替えているので文字しか見えない状態。
ゴミ箱に至っては文字も消しているのでどこにあるかは自分にしかわからない。
でも自分しか使わないしいいかなと思う。


続いてこちらはiPhoneの画面。
IMG_7122.png

ぱっと見何がなんだかわからないかもしれないが、通常アプリのアイコンが置いてある場所にはなにも置いておらず、すべてフォルダに収めてある。
「これだとアプリを開くのにフォルダを開いてスクロールする手間がかかるのでは?」という疑問を持つ方がいると思うが、この配置にすると画面が大きいiPhone6でもアプリが起動しやすくて実際はすごく使いやすい。



■まとめ
こうしたほうが絶対いい、なぜなら・・・という統計的データは無いが、個人的には身の回りは整理整頓してスッキリさせておいたほうが生活が快適になると思う。
言い方を変えると、「ものを減らしてシンプルな生活にする」ということになるだろうか。
「シンプル」という言葉を出しておけばとりあえず納得感が出る最近の傾向に乗る形だが。

【追記】
同じような考えの人もいる様子。
http://lifehacker.com/try-a-computer-desktop-zero-to-stay-focused-on-your-w-1677132650

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。