スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季

世の中のものごとは色々な形で四季があるなと感じることがある。
日本のようにしっかり四季がわかれている国で生活しているからこそ感じることのような気もするが。

例えば1日。
朝 -(1日の始まり)- 春
昼 -(メインの活動)- 夏
夕 -(活動の片付け)- 秋
夜 -(1日の終わり)- 冬


この1日の四季を繰り返して1年が経つ。
そして1年の四季を繰り返して人生が過ぎる。

少年期 -(誕生)- 春
青年期 -(活動)- 夏
中年期 -(収穫)- 秋
熟年期 -(終焉)- 冬


発達心理学で言うと例えば青年期は「14歳から24歳くらいまで」らしいが、ここで言う「期」の長さは自分次第で決められる。春が短く夏が長い人もいれば春が長く冬も長い人もいる。
理想的には夏を長く、春と秋は同程度にして冬は短くするのがいい。
例えば

少年期 -(0 - 20歳)- 春
青年期 -(20 - 50歳)- 夏
中年期 -(50 - 70歳)- 秋
熟年期 -(70歳~)- 冬


こんな人生になればきっと楽しい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。