スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【牛すき鍋】すき家VS吉野家

vs.jpg

久しぶりに吉野家に行ったので「牛すき鍋膳」を注文してみた。
すき家では類似品の「牛すき鍋定食」を食べたことがあったので比較の意味も込め。
個人的な分析だが大きく3つの違いがあることがわかった。

1.値段
並盛りの値段を比較。
すき家が680円(税別)なのに対して吉野家は630円(税込み)。
税込価格に合わせると

すき家734円 VS 吉野家630円

なんと100円以上もすき家の方が高いではないか!
なんとなくどっちも600円くらいだったかな?と思っていたがこの差は大きい。

2.うどん
どちらも牛肉と野菜とうどんが入っているのだが、個人的に注目したのはうどん。
すき家のそれはいわゆるうどんの形状ですこし硬め。もちもちしていて一言でいうと美味い。
それに対し吉野家の牛すき鍋膳のうどんは平打で脆く、箸でつかもうとすると崩れてしまう。
うどんだけ見ると圧倒的にすき家の牛すき鍋定食のほうが美味い。

3.肉
そして肉。
ここにも決定的な差があった。
すき家が「生肉」の状態で提供するのに対し、吉野家は「加熱処理ずみのものを提供」する。
これは好みにもよるが、個人的には半生の状態で食べたい。
自分が行った吉野家のさじ加減で火が通った状態で提供されたのかもしれない、と思い、本部に問い合わせてみたところ下記のような回答を得た。

さてお問合せをいただいました牛すき鍋膳でございますが、メニュー等の画像は
商品イメージとなっており、店舗においてご提供する商品は予め下ごしらえをし
た肉(一次加熱をした肉)をご注文をいただいた際に二次加熱してご提供してお
ります。
(野菜については半生に近い状態でご提供しております)



なるほど。
つまりすき家は提供された後に好みの加減で肉に火を通せるのに対し、吉野家は加減の余地はない状態での提供ということだ。
個人的にはすき家のスタイルのほうが好き。


まとめ
個人的にはすき家の方が好き。
ただ、100円多めに出してまですき家にするか、と聞かれるとなんかちょっと微妙。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。