スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emacsでクォーテーションとかでweb-modeが効かなくなる時のとりあえずの対処法

タイトルの通りですが、emacsでweb-modeを使ってjavascriptなんかを編集している時、例えば

escaped_text = text.replace(/'/g, "%27");

みたいな処理をするとこの行でweb-modeが効かなくなってしまう。
理由は簡単で「'」が一対で無いから。つまり「'」が一個あるからもう一個の「'」で閉じられるまで文字列と判断。
ということでしょう。
例えば

escaped_text = text.replace(/\'/g, "%27");

こんなふうにすればいいかな?と思ったのですが効果なし。
結局一時しのぎにこうすることに。

escaped_text = text.replace(/'/g, "%27");
escaped_text = text.replace(/'/g, "%27");

はい。同じ処理を繰り返しただけです。
でもこうすると「'」が一対になり次の行からweb-modeが効きます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。