スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter API利用によるtwitterアカウント凍結

twitterのAPIの利用方法は数回にわたって説明しました。
twitterボットを作る 1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる

twitterボットを作る 2.twitterのapiを利用して投稿してみる

twitterボットを作る 2.5 twitterのapiを利用して投稿してみる 解説


ところで、twitterにおいて色々むちゃをするとアカウントが凍結されてしまうことがあります。
例えばアカウントを作成した直後に1000人をフォローすると、間違いなく凍結されます。
凍結されるとフォローもつぶやくこともできなくなります。
一番痛いのがアカウントのプロフィール編集ができなくなることです。
この状態になると色々おかしなことをしていた場合はその状態がさらされることになります。
凍結の解除法はいろんなサイトに書いてあるのでもしアカウントが凍結されたら確認してみてください。

アカウントの凍結は当然ながらAPIを利用していても発生します。
APIを利用して自動的に1000人フォロー、といったことをするとすぐに凍結されます。
どんな使い方をすると凍結されるのか、という情報はいろんなサイトに書いてありますが、
この記事ではあまり書かれていないことを書きます。

1. お気に入りをしまくると凍結される
2. リツイートしまくると凍結される

1も2も、される側からしたら特に嫌なものではないと思うのですが実際この2つをして凍結されたことがあります。
具体的には1時間に10回程度でも凍結されました。
ただし、これは作って間もないアカウントの場合です。
何年も利用していてつぶやき数もフォロワー数も多い場合は条件が変わると思います。



ということで、twitterのAPIを使い始めたら凍結には注意しましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。