スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINEのクリエータースタンプ 販売まで

LINEのスタンプを作って販売までいったのでレポート。

■販売までの道のり
1. クリエーター登録
2. スタンプを描く
3. スタンプとスタンプの紹介文をアップロード
4. 審査待ち
5. 審査中
6. 販売可能(正式名称忘れました。販売開始ができるステータスです)
7. 販売中

■登録に必要なもの
・スタンプ画像 40枚(png)
・メイン画像 1枚(png) … 上記40のスタンプを代表するタイトル的な1枚
・タブ画像 1枚(png) … 実際のチャットでスタンプ一覧から選択する時にタップする小さな画像
※スタンプをどこの国向けに作るかははじめに考えておきましょう。英語圏にも販売することができるのでそこも視野にいれるのであれば日本語を含まないほうが無難です。
詳しくは下記参照
https://creator.line.me/ja/guideline/

■ステップ・バイ・ステップ
1. クリエーター登録
LINEに自分のスタンプを申請するために個人情報を入力します。
https://creator.line.me/ja/

スタンプを描く前にまずはこのステップを終わらせたほうがいいです。
申請に何が必要なのかを事前に確認したり、ガイドラインを確認したりするためです。
クリエーター登録を終えるとマイページというページが使えるようになります。ここにスタンプをアップしていくのですが、せっかく42枚描いたのに全部サイズが間違っていた。。というようなことがないように1枚描いたら一度アップしてみるのがいいと思います。
スタンプを登録しても申請するまでは本人しか見ない情報なので、タイトルや説明文は適当に記入しても構いません。
この記事を書いている時点では「編集を保存」ということができないようなので、一度試したら削除するか、そのまま一気に画像をアップして申請まで持っていくかになるかと思います。

マイページ LINE Creators Market


2. スタンプを描く
まずは指定のフォーマットでスタンプを描く必要があります。これが全てと言っても過言ではないです。
方法は人それぞれですが私はフリーソフトのGIMPを利用して描きました。
ポイントは「背景は透過する」ということです。これを守らないと審査が通りません。
また、「背景にチリを残さない」ことも重要です。私は一度これで審査却下されました。
チリというのは背景の消し忘れのことです。
背景を透過して絵を描いていると見た目ではわからないのですが、そこに黒とか白の背景を敷いてみると小さなチリが残っていたりします。

3. スタンプと紹介文をアップロード
スタンプが描けたらスタンプのタイトル、紹介文、画像をマイページでアップしていきます。
デフォルトが英語になっているので少し戸惑いますが、英語は適当に入力して日本語を追加しましょう。

4 - 7 販売ステータスまで待つ。ひたすら。
私の場合は7月に申請して、2週間で一度差し戻されました。理由は上記の通り背景にチリがあった為です。すごく丁寧だなと思ったのですが、「これとこれにチリがあります。これは規定の○○番に反するので差し戻しです」という連絡が来ました。すぐに直して再度申請。すると2週間くらいで「審査中」のステータスになり、それから約2ヶ月で販売可能になりました。はじめに申請してから3ヶ月といったところです。なかなか根気が必要ですね。。
ステータスが販売可能になってから販売開始のステータスに変更するとスタンプのページが公開されますが、数分の間は「そのページは存在しません」状態が続きます。少し待ってリロードするとページにスタンプ一覧が表示されるようになります。その後も、スタンプは表示されているが購入はできない状態が数分続くことがあります。これも少し待ってリロードすると購入ボタンが押せるようになります。
※ここでは数分と言っていますが、実際2,3時間くらいかかる場合もあるようです

■注意点
スタンプの画像はW 370×H 320 pixel
という規定になっています。
私はこのサイズをフルに使って絵を描いたのですが、出来上がってみると「大きい」という印象でした。
恐らく多くのスタンプがすこし余裕をもって描かれていて、普段それを使っているため、自分が送った自作スタンプとその前後のメッセージの間隔が狭く感じました。ガイドラインにも余白を取るようにと書いてありますがあんまりいっぱいいっぱいに描かないほうがいいと個人的には思います。

■審査を通るには
私が販売しているスタンプはさほどクオリティが高いものではありません。
なんといってもマウスで描いた絵なのでキャラクタとしての完成度は低く、40種類の絵もほぼ使いまわしです。
それでもガイドラインを満たしていればとりあえず審査は通るということがわかりました。

■諦めない心
私の周りでは作り始めたけど途中でやめる人が続出してます。
42枚というのがとても大変なので嫌になる、というのが一番の理由です。
私は徹夜で一気に描ききりました。何日もに渡って作業すると飽きてしまうと思ったからです。
描き方は人それぞれで、紙に描いたものをパソコンに取り込んで処理したり、タブレットで描いたり、いろいろですが
とにかく販売まであきらめずにやることが何よりも重要だと思います。
90点を取るために1年かけるか、60点を取るために徹夜するかなら私は後者を選びます。
売れるか売れないかは別の話ですが。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。