スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブページの始め方

■目的


ウェブページの始め方を解説します。
ウェブページとひとことに言うとあまりにも広義なのでこの記事では下記のことをウェブページと呼ぶことにします。

・html、javascript、cssだけで構成される(クライアントサイドで動く)静的なウェブページ
・PHP、MySQLで構成される(サーバサイドで動く)動的なウェブページ
・PHPとcronで構成されるバッチ処理およびボット

上記の3つがなにを意味するのかは後述します。
今回の記事は僕の個人的なおすすめの方法なのでエイヤで決めちゃおうという人は参考にしてください。あくまでも「始め方」なので導入部分だけを解説します。具体的なプログラミングの話はでで来ないのでご注意ください。


■何をはじめられるのか


この記事を読んだあと何をはじめられるのかを簡単に解説します。

html、javascript、cssだけで構成される(クライアントサイドで動く)静的なウェブページ


ウェブページを大きく2つに分けるとクライアントサイド、サーバサイドに分けることができます。
クライアントというのは平たく言うとウェブブラウザのことです。
ウェブブラウザサイドで動く静的な、というのは、簡単に言うと「一度ページを読みこめばそのウェブページの恩恵を得られる」と言えます。正しい認識かといわれると微妙なところではありますがとりあえずそういう認識でOKです。

PHP、MySQLで構成される(サーバサイドで動く)動的なウェブページ


静的なウェブページに対して動的なウェブページはクライアントとサーバが通信を行うことが前提とされているため「サーバとブラウザとの通信を行わないとそのウェブページの恩恵を100%受けることができない」と言えます。こちらもとりあえずそういうものと思っていてください。

PHPとcronで構成されるバッチ処理およびボット


ウェブページの自動的な更新(例えばSNSでの「新しいメッセージが届きました」というお知らせ)やtwitterのボットは誰かが定期的にチェックしているわけではなく、サーバサイドで自動的に処理されています。人に見せるためのウェブページというよりは、それらのウェブページを裏で管理したり自動処理したりすることもウェブページを始めるにあたって重要なファクターとなります。ちなみにPHPというのはサーバサイドで動くウェブページを作ることができる開発言語です。cronというのはプログラムを定期的に動かすことをスケジュールできる仕組みです。


■用意するもの


・ウェブサーバー

これがすべてです。
自分のウェブページを公開したい、というときにあれこれ調べると無料で利用できるサービスがいくつか見つかると思います。
僕が一番はじめに利用したのはFC2というサービスです。FC2に登録すると自分で作成したウェブページだけではなく、ブログ、アクセス解析などいろいろなサービスが全部無料で利用できます。また、広告を掲載することもできるので広告で収益を得たい人にも重宝するサービスだと思います。

ただ、個人的には有料のサーバを利用することを強くおすすめします。
理由は大きく分けて3つあります。

1つ目は「自由」ということです。無料のサービスには様々な制限があります。その1つが広告です。自分が制作したページに他人の広告が出るというのはやはり抵抗があります。

2つ目は「楽」です。無料のサーバではいろいろな機能が使えますがそれがいつまで無料なのかわかりませんし、条件にあうサーバを探すのは面倒です。それに対して有料のサーバは必要になる機能が揃っており、急に使えなくなることもないので手間が省けます。

3つ目は「大して高くない」ことです。僕は以前まで絶対有料は使わない、と思っていたのですが3年ほど前にはじめて有料サービスを検討しました。ウェブサービスにお金を払うことには大きな抵抗があったのですが、調べてみると大して高くないことがわかり、もっと早くに検討しておけばよかったと思いました。


■おすすめサーバ「ロリポップ!


僕はこれしか使ったことがないのでこれしかおすすめできないのですが、3年使って今のところ致命的な欠陥はないので下記の条件に合う人にはお勧めです。

・メリット


初心者でも簡単に始められる(有名なAWSやさくらインターネットも使おうとしたことがありますがどちらも途中でよくわからなくなりやめてしまいました)
安い
必要な機能やサービスが揃っている

・デメリット


ホスティングしたページを表示するとき、読み込みが遅いと感じることがたまにあります。僕自身はあまり気になりませんが、気にされる方は別のレンタルサーバも検討してみて下さい。
管理ページのデザインが個人的に苦手

・できること

ウェブページのホスティング(静的、動的どちらも)
データベースの利用(MySQL)
cronの利用
独自ドメインの登録
(他にもいろいろありますが使ったこと無いので使ったことがある機能のみ紹介)
・できたこと

ロリポップ!を利用して今までに下記の開発をしました。うらを返すと下記のようなことをする場合、ロリポップ!で十分ということです。
小規模SNSのホスティングと運用
twitterボットのホスティングと運用
iPhoneアプリの一部分(会員管理等のデータ制御)
ウェブページのクローリングと情報収集、蓄積


■絶対おすすめ「独自ドメイン」


どうせウェブページをはじめるなら独自ドメインを取得することを強くお勧めします。
例えばロリポップ!を利用した場合、ページのURLが

xxxxxxxxxxxxxx.lolipop.jp/filename.html

のようになります。URLを意識しない(例えばtwitterボットを作るだけ)の場合は特に気にすることは無いと思いますが、ページを公開するのであれば自分のドメインは絶対とっておくべきです。
ドメインを取れば告知をしやすいですし、ドメインのメールアドレスを持つこともできますし、何よりモチベーションが上がります。ドメインは思ったより安価です。年額で980円くらいです。
是非独自のドメインを取得してみましょう。僕はサービスごとに必ずドメインをつけて(というよりも独自ドメインが取得できることを確認したあとサービス名を決めます)います。

独自ドメインを取るサービスはいくつかあるので好きなものを選択すればいいですが、僕は「ムームードメイン
」を利用しています。このサービスは前述のロリポップ!と連携できるので、ドメインを取得したあとロリポップ!側でそのドメインを適用させるという作業がとてもスムーズです。





ウェブページの始め方というざっくりした内容を取り上げましたがいかがでしょうか?
今回取り上げたロリポップ!ムームードメインはあくまでも1例ですのでウェブページを始める際の候補の1つにしてもらえればと思います。
要望があればロリポップ!の利用方法など知ってることをまとめようと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。