スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOSアプリ リリース前にプロからフィードバックをもらう方法

これまでの経験値


iOSアプリ申請数 ーーー 11
  Appleの申請が通った数 ーーー 6
  申請後却下、修正中 ーーー 1
  制作打ち切り ーーー 4


やっぱり申請落ちると腹が立つ


申請して一発で通ることはあまりないです。
2度も3度も落ちる事があります。
申請に落ちるとappleから落とした理由が帰って来ますが(昔は無かったと思う)大抵

「お前のアプリはつまらん」

と言われます。
はじめの頃は「面白いかつまらんかは使う人が決める事であって、お前達が面白いと思わなくても・・・!!」と腹が立ったものでした。1週間くらいワクワクして待ってる訳で、帰って来たフィードバックが「きみ、つまらん」だとなかなか受け入れられません。あるニュース系のアプリを申請したときは夜中の3時頃にフィードバックが返って来て「ニュースアプリにしてはコンテンツが少ないね。ダメ。」と言われました。この時は「夜中の3時はそもそもニュースは少ないだろ!!」と心の中で叫びました。


どんなアプリが通りやすいか?


あまり多くのアプリを出していないのであまり偉そうな事は言えませんが、カテゴリによって通りやすい通りにくいがあると思います。
ゲームアプリは2本作りましたがそれらはどちらも1発で申請を通りました。ゲームは人によって好き嫌いが別れる分、審査が甘い気がします。
その反面、ユーティリティ系やニュース系のアプリは何度も落ちました。
便利ツールがあまり便利じゃないとダメってことですね。


リリース前にプロからフィードバックをもらおう


「過去17回「App Storeで1位」を獲得したイグニスがやっている、勝率7割でTOP10アプリを生み出す4つの秘策」
という記事を読むと「App Storeを頻繁にチェックしてトレンドを確認」とあります。できるひとは挑戦してみてはと思いますが、それよりも簡単な方法があります。それは「App Storeを頻繁にチェックしている人からフィードバックをもらう」ことです。
通常、ウェブサービスやソフトウェアを制作して世に出す前には市場調査やユーザへのベータテストを行いますが、アプリの場合も同じステップを踏むのが妥当です。
友達や家族に見せて意見をもらうのはできるけど、近くにプロの目線で意見をくれる人いないしな、という方。
いますよ。
そう、iTunes Connectの中の人です。
彼らはプロ中のプロ。iOSアプリを嫌という程見て来ている人たちです。


まとめ


アプリを作ったらとりあえず申請しましょう。
プロがフィードバックをくれますよ!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。