スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sakuraインターネットを導入してみた (1/2)

ウェブページの始め方で書いた通り、長年レンタルサーバはロリポップ!を利用していました。
おすすめのレンタルサーバは?と聞かれたら、初めてならロリポップ!とお勧めしたいと思います。

ただ、何となくですが自分の中では下記のような不等式が成り立っています。


【初級】ロリポップ! < 【中級】サクラインターネット < 【上級】AWS(amazon web service)


これはホントなんとなくの部分もありますが、実際のサービスも使ってみての感想です。
上級者がロリポップ!を使っちゃいけないとか初級者がAWSを使っちゃいけないということではないです。
要は「どこまでケアするか?」という部分だと思います。

車で例えるとオートマ車かマニュアル車か、みたいなこと。
とりあえず走るだけならオートマ車が走りやすいです。
そのままずっとオートマ車で良い人もいますし、中には「山道を走る時にクラッチ操作をしたいなあ」という人もいます。
そういう要望が出て来た時にマニュアル車に乗り換えるわけです。クラッチ操作が不要とか、クラッチがなんだか分からない人はマニュアル車に乗る必要はないのです。

レンタルサーバも「細かい設定をしたい」などの要望が出て来た時に上級なものに乗り換えれば良いと思います。
自分の中でのイメージは、


【月間〜5,000アクセスくらいのホームページ】ロリポップ! 
【PVの多いウェブサービスを運用】サクラインターネット
【色んな技術を駆使したガチガチのウェブサービス】AWS(amazon web service)


みたいな感じです。
今回僕がロリポップ!からサクラインターネットに乗り換えようと思ったのは「データ転送量」の制限です。
この「データ転送量」は長年気にしていなかったのですが、少し大きめのサービスを作る時には気にしなければいけない項目の1つです。


データ転送量とは・・・
「○○GBまでファイルを保存できます」という「容量」とは全く違うものです。
サーバとクライアント(ユーザのPCなど)との間のデータの行き来の合算値がデータ転送量です。

ロリポップ!では下記のように書かれています。
各プランごとの1日のデータ転送量の制限は、以下の通りです。

コロリポプラン: 1GBまで
ロリポプラン: 5GBまで
チカッパプラン: 10GBまで

上記を超えるデータ転送は禁止しております。
http://lolipop.jp/support/faq/kiyaku/000079/


例えば「10MBある画像を1日に101回ダウンロードさせたい場合、コロリポプランでは制限に引っかかりますよ。」
ということです。
制限にかかるとどうなるかは分かりませんが、ページが読み込めなかったり、めちゃめちゃ遅くなったりとユーザに取って良くない事が起こる事は間違いないです。
とはいえ個人でこじんまりとサイト運営する上ではこの制限は特に気にならないはず。
今回僕はiPhoneアプリのデータ保管の為にサーバを利用したく、念のため(めっちゃダウンロードされてもユーザに迷惑をかけないように)データ転送量が無制限のサクラインターネットにサーバを借りる事にしました。



前段が長くなったので2回に分けたいと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。