スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterで炎上を最小限に抑える必殺技(我流)

以前、twitter上でナイーブな国際問題に触れてしまい、あわや炎上という局面に遭遇したことがある。
ナイーブな問題の詳細は省略するとして、下記のようなやり取りだった。


俺「(とある国際問題について)俺は○○と思う」

男 「その発言の意図を詳しく説明しろ。」

俺「○○○という意味で言った。」

男「http://xxx この記事を読んでみろ。何も知らずに不用意な発言をするな。」

俺「読んだ。この事は知っている。」

男「この問題は歴史的背景がある。お前の言うようなことになれば××が○○だ。ちゃんと考えてるのか。」


大体こんな感じ。
この男はリアルな知り合いなんだけど、ここまできてだんだん腹が立って来た。
このとき僕にはいくつかの選択肢が思い浮かんだ。


①このまま戦いを続ける
②ここから先は無視
③謝っちゃう


①はダメだ。ここまで遠巻きに見ていた他のフォロワーがここぞとばかりに参戦してくるかも知れない。
②は良い案ではあるが2つのリスクがある。1、コッチが終わったつもりでもアッチは終了フラグを立ててくれないでいつまでも攻撃を続けるかも知れない。この先も何かと因縁をつけてくるかも。2、そもそも俺的に何か言ってやらんと腹の虫は治まらん。よって②もダメ。
③が一番ダメ。「軽率な発言でした」と非を認めるのは一見大人の対応だが、「しっかりとした考えもなく、プライドも持たずに発言したのか?」と、発言内容の批判から人格の批判が始まる可能性がある。③はダメー!ダメ!


あれこれ悩んだ結果、魔法の一言が思いつき、この場をなんとか切り抜けました。
その一言とは・・・







「一理ある。」





です。
極めてシンプル。
相手の発言を認めながら自分の意見も曲げない。
「一理ある。」のツイートの後、男からの発言はなくなりました。

みなさんも何かのとき是非使ってみては。




[PR]


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。