スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のアイデアは手料理と同じ

自分への戒めも込めて書くが、
「人のアイデアは手料理と同じ」だから丁寧に扱わなければいけないと最近強く思った。

恋人や家族、友達が手料理を振る舞ってくれた時、食べて開口一番

「ていうか、人参おおきすぎない?なんかこういう味、よくあるよね。」

なんて言う人は高速で嫌われるだろう。
案外近しい人の手料理、特に母親の手料理には気づかないうちに失礼なコメントを言ってしまいがちではあるのだが、
それはともかくとして、人のアイデアも手料理のように扱わなければいけない。

先日、友人と集まって新しいプロダクトを作る相談をしたのだが、
友人Aのアイデアに対して友人Bはなにかと文句をつけていたのがすごく印象的だった。

友人A「○○を解決するために××を作るのはどう?」
友人B「××?それってもうあるじゃん。△社のあれとおなじだよね?」

誰かがアイデアを出した時によく耳にするフレーズが

「もう、それあるよね?」
「それって、なにがおもしろいの?」
「だれが欲しいの?」

などの「愛がない」コメント。
こういうコメントをいう人に限って、「ダメなものはダメとはっきり伝えてあげたほうがいい」とか「遠慮する場面ではない」というようなことをいうのだが、要は「愛があるかないか」の話だと私は思う。

手料理は「これで店を開いて大成功したいからちょっと食べてみてくれ」
というものではないので「いいアイデアだと思うからコメントを貰う」というのとはちょっと種類が違うかもしれないが
それにしても、アイデアを出した方は批判した人のことを思っている以上に嫌いになることは意識しておきたいところだ。

料理に入ってる人参が大きかった時、

「料理を作ってくれてありがとう!私は口が小さいからもう少し小さかったらもっとガツガツ食べちゃってたな。」

そんな言い方ができたらいいと思う。

アイデアがつまらないと思った時、

「なるほど!××か!それは△社のあれと似ているけどやり方によっては全く新しいものができるかもしれないね!」

そんな風に言えたらいいと思う。
というより、そんな風に言って欲しい。
私自身、手料理であるアイデアを幾度と無くバカにされた経験があり、特に近親者からの「愛の無い」批判は根に持ってしまう。
率直な意見が欲しいアンケートや匿名の意見などはこの限りでないが。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。