スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドは「どこまでやらなきゃいけないか」

クラウドってなに?
を説明しているサイトはたくさんあるので概念的な部分は他に譲るとして、
当記事では「クラウド使い始めようとしたけど、なにこれ?何選ぶ画面?」となってしまった人に、クラウドを使いはじめるには「どこまでやらなきゃいけないか」を簡単に説明する。

さくらのクラウドでとりあえずレンタルサーバーと同じような環境を作る
という記事でクラウドの導入方法は説明したのだが、それがそもそも何なのか?というところがわからないという声をいただいた。
つまり、クラウドを使いはじめる為に「どこまでしなければいけないのか」ということだ。

まずはクラウドの実態について説明したい。
クラウドとは「計算機」だ。
よくわかっている人からは総ツッコミを頂きそうだが、あえてこういう説明をさせていただく。

計算機とは即ちコンピュータのこと。
パソコンと言わずにわざわざ計算機というのは、パソコン=Windowsという区分けをする人もいるため。
じゃあMacはパソコンじゃないのか?というと、MacはパソコンではなくMacである。
パソコン売り場にMacあるけど??という疑問もわくが、厳密にはそういう区分けをする人もいるということ。
(Appleの人におたくのパソコン使ってますよ、というとうちではMacしか作ってませんと言われる、かも)

計算機 > パソコン
計算機 ≠ パソコン

である。
計算機にはWindowsを入れることもできるし、LinuxやMacを入れることもできる。


さて、話を戻すと、
クラウドは計算機であり、サーバーではない(というとまた突っ込まれそうな気もするが)。
その為、例えばクラウドでウェブサービスを作りたい場合の「どこまでしなければいけないか?」は
「計算機をウェブサーバーに仕立てあげるところまで」ということになる。
具体的には、

1.計算機のスペックを選ぶ(CPUやメモリ、ディスク容量)
2.OSをインストールする
3.サーバー機能をインストールする(Apacheなど)
4.その他必要なものをインストールする(MySQLやPHPなど)

これではじめてクラウドをウェブサーバーとして利用することが可能になるのだ。
上記はあくまでもミニマムの準備なので、実際にはセキュリティ面での準備(root権限でログインさせない)や使いやすい環境の準備(phpmyadminのインストールなど)も必要。

だから、なんとなくのイメージで「クラウドでウェブサーバーを立てよう」と思った場合、
まずは計算機のスペック選ばからはじめなければいけない。
AWSやサクラのクラウドでサインアップしたはいいけど、なにこれ?何を選ぶ画面?となった方はご参考にどうぞ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。