スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sshで接続できなくなった時の対処法

さっきまでsshで接続できていたのに急に接続できなくなった、ということを何度か経験したので対処法をメモ。
こういったたぐいのトラブルはいくつも原因が考えられるので例えば「サーバーがsshを許可していない」とか「sshのポート番号が間違っている」なんてことも原因として考えられる。
まとめると、

1. サーバーがsshを許可しているか?
2. ポート番号が間違っていないか?
3. ユーザー、パスワードを間違っていないか?
4. 接続するソフトウェアの設定やバージョンは正しいか?
5. そもそもネットワークに接続できているか?

などがあげられる。
しかし、結論から言うと私がはまっていた原因は
hosts.allow
の記載ミス。

/etc/hosts.allow



sshd: ALL

と記載してsshdを再起動

#service sshd restart

これで解決した。
ここまで辿り着くステップとして、まずはsshdがきちんと動いているかを確認した。

#service sshd status
openssh-deamon is running ....

これはよし。
では利用しているソフトウェアに何らかの不具合があるのではないか。
利用していたのはteraterm。
なぜかユーザー名とパスワードを入力してもOKボタンが押せないという状態だった。
そこで別のクライアントを利用して接続を試みるがこれもだめ。
つまりteratermのせいではなさそうということがわかった。
続いてsshdのログを確認。

cat /var/log/secure|grep sshd

すると、

refuse connecting from IP-address

というメッセージをみつけた。
そしてここにあるip-addressは自分の自宅のIPだった。
あーだこーだしているうちに、結論として上記の通りにhosts.allowを修正することで問題を解決した。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。