スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterボットを作る 1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる

■目的


twitterのボットを作ります。開発言語はPHPです。
あまり考えずともコピペすれば動くように説明します。
今回作るボットは下記のことができますのでまずはやりたいことにマッチしているか確認してください。

1. twitterのつぶやきから指定の文字列を検索する
2. 好きな文字列をつぶやく※
3. 特定のアカウントをフォローする※
4. 特定のつぶやきをリツイートする※
5. 特定のつぶやきをお気に入りする※

※ただし、特定のアカウントでのみ実行可能


上のただし書きの意味は次のとおりです。
twitterのボットを作る場合、まずはtwitterのアカウントを開発者のアカウントとして登録する必要があります。ご利用中のtwitterアカウントがある場合はそのアカウントを開発者として登録することもできますし、新規でtwitterアカウントを作成してもOKです。
今回作成するボットは、「登録した開発用アカウントでのみ」機能するプログラムを意味します。
"任意のtwitterアカウントでログインすると1日に5人フォローする"みたいなサービスもアチラコチラに有りますが、そういった不特定多数のアカウントをコントロールするような処理ではなく、あくまでもtwitterに登録された開発用のアカウントでのみ「フォロー」や「リツイート」ができる、という認識でいてください。


■用意するもの


・PHPが動くサーバ

他にもいろいろ必要ですが、
この後の説明で順次準備していくのでステップを追っていけばOKです。
ただ、PHPが動くサーバだけは事前に準備が必要なのでこれがないと次に進めません。
PHPが動くサーバに関しては別途導入方法をご案内し、今回はあるものとして進めます。

参考:ウェブページの始め方

■開発ステップ


1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる
2. twitterのapiを利用して投稿してみる
3. スケジュールを組む

■開発開始


1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる(所要時間10分)
twitterでボットを作成するためにはtwitterに開発者として登録し、ボットを作成するために必要な4つのキーを手に入れなければなりません。それぞれのキーの役割はとりあえず考えず、そういうもんだと思って下記の手順で進んでください。

①開発者登録


下記からtwitter開発者登録をします
https://dev.twitter.com/apps

英語ですが恐れずアカウント情報を入力します。ここで入力したアカウント情報がそのまま開発者として登録されるのでご注意ください。まずはテスト、という方は適当にtwitterアカウントを作成することをおすすめします。


Sign in with your Twitter account - Twitter Developers



②アプリ登録


次にアプリ管理ページに移動します。
急にアプリとい言葉が出てきましたが、開発者は複数のアプリを作成することができ目的によって作り分けることができます。例えば「ボタンひとつでツイートするアプリ」「特定キーワードを検索するアプリ」など大きな目的1つ1つをアプリとして登録する形です。
「Create a new application」を押すと新しいアプリが登録されます。


My applications - Twitter Developers




③新規アプリの情報を登録


第1の悩みポイントかもしれませんが適当で大丈夫です。
Nameにはアプリ名を入力します。適当で構いませんが誰かにすでに使われていると使えません。
Descriptionには説明文をいれます。文字数をクリアすれば何でもOKです。ここではテキストボックス下の説明文をそのままコピペしちゃっています。
WebsiteにはウェブページのURLを入れますが、とりあえずhpp://placeholder.comとでも入れればOKです。
callbackは今回は使わないので空欄で構いません。
あとは規約同意のチェックボックスをいれてchapchaをいれて「Create your twitter application」をクリックすれば完了です。


Create an application - Twitter Developers



④Setting


アプリ登録が完了すると下図のような管理画面に進みます。
さきに必要なことがあるのでとりあえず「Settings」を押します。


gokenoapp12345 - Twitter Developers



⑤Read and Write


すると下の方にApplication Typeという項目があるのでこの中のAccessをRead and WriteにしてUpdate this Twitter application's settingsで保存してください。
このステップを踏むことで、Read Only(読み取り専用)からRead and Write (読み取りもできるし、投稿もできる)に変更することができ、つぶやきをするボットを作ることができるようになります。
ここで注意していただきたいのが保存した後に今一度AccessがRead and Writeになっているか確認するようにしてください。ここはハマりポイントなのですが、保存したつもりがRead Onlyになっていたということを何度か経験しました。Twitterの反映にタイムラグがあるだけなのかブラウザのせいなのか原因はわかりませんがダブルチェックは行っておくに越したことはありません。


gokenoapp12345 - Twitter Developers (2)



⑥Access levelの確認


次にDetailsを押してはじめに表示されていたページに戻ります。
Access levelという項目があるのでここもRead and Writeになっているか確認します。
Read-onlyとなっている場合は④⑤のステップに戻ってください。


⑦Access token


続いてDetailsの一番下にあるCreate my access tokenを押します。このステップでtwitterのボットを作成するのに必要なキーのうち2つが用意できます。④⑤のステップを飛ばしてaccess tokenを先に作ってしまうとその後のステップがうまくいきません。Read onlyのaccess tokenを作ってしまうことになるからです。Create my access tokenを押すと、ちょっと待っててねみたいなメッセージが出ます。ページをリロードしまくっている1分くらいでYour access tokenという欄にaccess tokenがあらわれます(⑧の図参照)。


⑧キーの集約


さて、これで準備が整いました
「twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる」の4つとは下記の4つです。

Consumer key
Consumer secret
Access token
Access token secret

上記のステップを踏めばすべてDetailsに表示されているはずです。


gokenoapp12345 - Twitter Developers (3)




これで開発ステップ
1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れる
は完了です。
続きは次の投稿で説明します。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。