スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

twitterが流行した理由をしっかり考えてみる

Twitterはなぜ流行ったのか?について私はよく考えることがある。とりわけ世界の国の中でも日本での盛り上がりが大きいそうだ。・文字数の制限が5・7・5に慣れ親しんだ日本人にマッチしている・日本にはかまって欲しい寂しがり屋が多いから・メディアがこぞって取り上げたから・APIが充実しているからなどの分析を見かけるがそれらはすべて一理あると思う。それでもまだなんとなく納得感がないのだ。なぜ納得しないのか。一番の...

続きを読む

Twitterに広告を出稿してみる その2

Twitterに広告を出稿してみるでTwitterへの出稿手順を簡単にまとめた。その後、数万円程度だが出稿してみたので少しまとめる。まず、注意(?)しなければいけないことがある。それは広告の出稿ツールは1つではないということだ。前の記事で「Yahoo!の人から電話で案内をされて・・・」という説明をした。案内はとても丁寧だったのでそれはそれでいいのだが、広告を出稿したり管理したりするツールはてっきりその時に案内されたも...

続きを読む

Twitterに広告を出稿してみる

例えばアプリをリリースした時などにダウンロード数を伸ばす施策として広告を出したいことがある。昨今、ウェブ上に広告を出す方法は充実してきており、個人でも簡単に導入できる。その1つにTwitterにプロモツイートとして広告を出す方法がある。下記に簡単に導入方法を示す。と言っても、下記の公式ページで順番どおりに進んでいくだけ。スタートボタンを押して順に進んでいくと電話番号等を入力する画面になり全て入力して登録...

続きを読む

twitter API 1.1 「75,000フォロワー」の壁

Twitter API 1.1を利用してアプリを作る時、テストすることが難しいチェック項目にぶつかることがある。それが「めっちゃフォロワーが多かった場合」の挙動だ。大抵テストアカウントはフォロワー数が少ないので、「もしこのアプリを100万人フォロワーがいる人が使ったら?」というテストができない。何かいい方法はあるのだろうか。ところでタイトルの件、twtter API 1.1には「Rate Limit」と呼ばれる呼び出し回数制限がある。T...

続きを読む

TwitterのAPI ver.1.1 コールバック後の処理が遅い場合

これだけ書いてもなんのことかわからない人が多いと思うが、とりあえずわかる人向けに。Twitter API1.1でアクセストークンを手に入れてコールバックのファイルを呼び出す。その時になるべく早くコントロールを自分のサイトに持ってきたい。つまり、下図の画面が出てきて認証が終わった後、下図の画面が出てきて「しばらくお待ちください」状態になるのだが、この画面が異常に長く表示されることがある。これがあまりにも長いとユー...

続きを読む

TwitterのAPI利用制限 ver.1.1

下記のページの日本語訳。一部意訳も入っており、わかりにくい部分にはリンクや説明をつけました。Twitter API 「API Rate Limits」https://dev.twitter.com/rest/public/rate-limitingAPI Rate Limitsユーザー毎またはアプリケーション毎API ver. 1.1の「Rate Limit」はまずはユーザー毎、もっと正確に言うとユーザーの「access token」毎に認識される。もしあるメソッドが1つの「Rate Limit」ウィンドウ毎に15リクエストを許可...

続きを読む

Twitterで多いユーザー名は?

Twitterで多いユーザー名はなんだろう?と思って調べてみたが、そんな情報どこにもないし、そもそもユーザー名は被っていてはいけない(ここで言うユーザー名とは@xxxxのこと)。それにしても何らかのトレンドが知りたいと思って自分のフォロワーの頭文字をカウントしてみた。結果が下図。フォロワーは1,500人ほど。特徴は下記の通り。1. mが多い2. 小文字のほうが多い3. アルファベットのほうが多いあくまでも自分のフォロワ...

続きを読む

twitterでメールアドレスの確認をしたいのに「このページは存在しません。」

twitterでアプリを作ろうと思い、登録を進めようとすると「メールアドレスの確認が必要です」と言われた。twitterは登録するときには適当なアドレスでも登録できてしまうので、アプリを制作する人にはきちんと確認をさせるということ。それ以外にもすべての機能を使うためにはメールアドレスの確認は必須らしい。しかし、メールアドレスの確認作業を行うためにメールアドレスを登録後、登録したメールアドレスに送られてきたメール...

続きを読む

tweetした瞬間に集まるトラフィックの存在

先日リリースしたサービス「referred」の解析中、ひょんなことからtweetした瞬間に10-20位のトラフィックが集まることがわかった。まずはreferredの仕組みを簡単に説明する。http://aaaaa.comというURLをhttp://ref.red/XXXというURLに変換できるのがreferredの機能。構造はいたってシンプルで、http://ref.red/XXXにアクセスされたらhttp://aaaaa.comにリダイレクトする、と、ただそれだけ。例えばhttp://ref.red/XXXをtweet...

続きを読む

ツイッター創業物語を読む

ずっと気になっていたことの1つに「twitterはどうやって有名になったのだろう」ということがあった。「twitterってなに?」と聞かれたら「ミニブログ」と答える人がいるが、それだけでは魅力は伝わってこない。なにがうれしいのか?なにが便利なのか?twitterの創業者は一体どうやって世界的なSNS(という言い方はただしいのか??)に育てたのだろう。ということで、「ツイッター創業物語」という本が都合よく出版されていたので...

続きを読む

outlook.com (hotmail)で勝手に接続/連携されているskypeやらtwitterやらの解除

いろいろなウェブサービスがユーザの気づかないところで連携していたり情報を共有していたりすることがある。自分自身ウェブサービスを作っているのでこういう部分には詳しいつもりでいるがそれでも「勝手にやられた」という感覚になることがある。Outlook.com (hotmail)の他SNSとの接続に関しても全く気づかなかったし、気づいた時は腹が立った。現象・久しぶりにhotmailを開いたら、さっきまで友達とskypeで話していた内容が右の...

続きを読む

twitterで炎上を最小限に抑える必殺技(我流)

以前、twitter上でナイーブな国際問題に触れてしまい、あわや炎上という局面に遭遇したことがある。ナイーブな問題の詳細は省略するとして、下記のようなやり取りだった。俺「(とある国際問題について)俺は○○と思う」男 「その発言の意図を詳しく説明しろ。」俺「○○○という意味で言った。」男「http://xxx この記事を読んでみろ。何も知らずに不用意な発言をするな。」俺「読んだ。この事は知っている。」男「この問題は歴史的背...

続きを読む

twitter API1.1 検索クエリ

Twitter API1.1を利用してボットを作成する方法を何回かに分けて解説しました。その中で特定のワードでつぶやきを検索する手順がありましたが個人的に悩んだ部分があったのでメモ程度に残します。リツイートや誰かへのメンションを除く検索とてもシンプルですが下記のとおりです。-filter:retweets-filter:mentions感覚的には-@とやればメンションを除けるような気がしますが上記のように記載しないと上手く行きません。下記に検索...

続きを読む

twitterでgmailの+(プラス)が使えなくなる?

久しぶりにtwitterを確認してみたらボットのテストで使っていたアカウントが凍結されていました。凍結の解除はわりと簡単なのです。まずはアカウントにログインして「凍結されたアカウント」リンクをクリックつぎに「アカウント凍結解除を申請する方法」の「こちら」をクリック次の画面で簡単に反省文を書いて送ると登録されたメールアドレスにtwitterからメールが来るのでそのメールにさらに反省文を書いて返信すれば大抵解除され...

続きを読む

twitterボットを作る 3.スケジュールを組む①

何個か前の記事でtwitterのAPI1.1を利用して自動的につぶやいたりリツイートしたりするプログラムを作りました。この記事の通り作ればブラウザでphp(my_twitter_app.php)を開けばボットが動き出します。でも、ボットの本質は人が呼んだ時に動き出すということではなく、スケジュール化されていたり、なにかをトリガーにして自分で動く事(例えば「寒いなー」というつぶやきがあればそのつぶやきにかぶせて今日の気温を教えてあげる...

続きを読む

twitterボットの管理をする

twitterのボットを作ったあと、ボットの管理をしたくなることがあると思います。まずは簡単な管理画面を作ってみましょう。■目的twitterボットの状態を確認する管理画面を作る・フォロー数・フォロワー数・つぶやいた数・お気に入りをした数■準備するもの・PHPが動くサーバ 参考・twitter API1.1を利用するためのライブラリ 参考■開発下記の通り、とてもシンプルです。<?phprequire_once('twitteroauth.php');/////////////////...

続きを読む

twitter API利用によるtwitterアカウント凍結

twitterのAPIの利用方法は数回にわたって説明しました。twitterボットを作る 1. twitterに開発者登録をし、4つのキーを手に入れるtwitterボットを作る 2.twitterのapiを利用して投稿してみるtwitterボットを作る 2.5 twitterのapiを利用して投稿してみる 解説ところで、twitterにおいて色々むちゃをするとアカウントが凍結されてしまうことがあります。例えばアカウントを作成した直後に1000人をフォローすると、間違いなく凍...

続きを読む

twitterボットを作る 2.5 twitterのapiを利用して投稿してみる 解説

■解説twitterボットを作る 2.twitterのapiを利用して投稿してみるの内容を少し詳しく解説します。前回作ったのは下記のコードでした。<?phprequire_once('twitteroauth.php');//xxxxxxxxxxxxxxxxの部分に4つのキーを入力$consumerKey = "xxxxxxxxxxxxxxxx";$consumerSecret = "xxxxxxxxxxxxxxxx";$accessToken = "xxxxxxxxxxxxxxxx";$accessTokenSecret = "xxxxxxxxxxxxxxxx";  $twObj = new TwitterOAuth(   ...

続きを読む

twitterボットを作る 2.twitterのapiを利用して投稿してみる

■目的・・・前回の続き twitterのボットを作ります。開発言語はPHPです。 あまり考えずともコピペすれば動くように説明します。 今回作るボットは下記のことができますのでまずはやりたいことにマッチしているか確認してください。 1. twitterのつぶやきから指定の文字列を検索する 2. 好きな文字列をつぶやく※ 3. 特定のアカウントをフォローする※ 4. 特定のつぶやきをリツイートする※ 5. 特定のつぶやきをお気に入りする※ ※た...

続きを読む

PR

PR

プロフィール

何でも書くman

Author:何でも書くman
思ったことや備忘録など、とりあえずなんでも書きます。IT系のことや趣味、生活に関わることなども。

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。